アウトドア用小型エアポンプ Max Pump Plus

浮き輪や収納袋にも使える!!

MPP(Max Pump Plus)公式HP

い歳をして、(歳は関係ないかも知れないが)夏には必ず海に行く。次男がとにかく波間にぷかぷか浮いてるのが好きなので、それに付き合うかたちで、去年までは日帰りでお気に入りの沼津「らららサンビーチ」に5年以上通っている。


スポンサーリンク

Amazon プライムビデオ

年は、珍しくうまいこと休みが取れたので、8月上旬に下田プリンスホテルに一泊する予定を立てた。オッサンの今までの経験だと、浮き輪とかといったものの空気は入ったまま貸し出ししてくれると思うし、有料かどうかは別にして、持ち込みのビーチボールとかはコンプレッサーで空気を満たしてくれるサービスがあると思うので、今年は出番がないのだが、昨年まではクルマの荷室の12Vシガーコンセントに車用の12V駆動エアコンプレッサーを繋いで、膨らましたり空気を抜いたりしていた。


スポンサーリンク

然、口でやったり足踏みや手で動かすポンプよりはずっと効率よく早く作業が終了するのだが、とんでもなく作動音がうるさくて、困っていた。ちょっと、周りに迷惑な音量。きっと、日本製ではない開発途上国製品だと思うので音には気を使っていないのだろう。そういえば、同じ仕組みのタイヤの空気入れも、高いやつと安いやつではうるささが段違いに違う。安物では、早朝や深夜に空気を入れるのはちょっと躊躇われてしまうレベル。
そういう事なので、今年は出番がないのかも知れないが、とにかく小さくてパワフルそうだし、何と言っても場所の制約無く使えるのがいい。だから、ブロアーとしてキーボード回りの掃除にも使えるだろうし、わざわざ掃除機出さずとも衣類の空気吸引コンパクト収納にも活躍しそう。思わず、そのセットをオーダーしてしまった。

し、性能が本当に表記通りなら買わない理由がない。もっとも、クルマのタイヤの空気は無理みたいだけど。ここまで視野に入れると価格も3倍近くになるから仕方ないところだと思う。

つだけ残念なのは、今年の夏の海には持って行けそうもないところ。まあ、腐るわけではないし、普段使い出来るのならそれで良いことなので、気にしない。


スポンサーリンク

このところ、5000円が一つの目安になっていて、気になったモノをドンドンMaKuaKeさんから買ってしまう自分が恐い気もする。でも、新しもの好きは治りそうもない。



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA