風呂場の入り口のサッシが酷いことに。

風呂の入り口のサッシって、樹脂じゃ無いんですね。


スポンサーリンク

Amazon プライムビデオ

りガラスのところは、昔と違って樹脂なので、サッシ本体も樹脂なのだと勝手に思っていました。

も、よくよく考えてみれば、樹脂サッシは日本ではあまり普及していないし、6年も前の施工なので樹脂のわけがありませんよね。

、それはともかく、どういうわけか浴室側のサッシの塗装が剥がれてきて、汚らしいので塗装してみました。

い塗装を、激落ちくんで剥がして、シンナーで余分な油分を落とした後、車の場合と同じく、ミッチャクロンをスプレーしました。

の後、手持ちの車用の塗料で塗りました。

回は、たまたま手元にあったトヨタ用の(車種不明)塗料を使いました。

然、ちょっと黄が入った白がマッチしてラッキーでした。


スポンサーリンク

ッシ自体は綺麗に塗れたので、満足です。

も、一応、マスキングもして万全を期したつもりでしたが、範囲が狭すぎて、いろいろなところにかかってしまい、大失敗です。

ほども書いたように、サッシ自体綺麗に塗れたと思うのですが、樹脂の窓部分に盛大に塗料がかかってしまったらしく、白ボケして大変な事になってしまいました。

落ちくんで擦っても綺麗にならないし、シンナーで拭いても駄目でした。

らら、困った。

しかして、曇りガラスを濡らすと曇りが消える原理でいけるかもって事で、試してみたら、上手くいきそうです。

で囲った部分が、試しにマットクリアーを吹いたところです。

わりよりも明らかに透明度上がって、綺麗になっているでしょ?

ので、全面的に施工してみました。

っ、そうそう、なんでマットクリアーなのかというと、たまたまガレージに転がっていたからです。


スポンサーリンク

果として、艶ありよりもマットの方が良かった気がしています。

うでしょうう? 随分と綺麗になったって思っているんですがね。

かし、そもそも何故サッシの塗装が剥げたのか不思議です。

た、まだリフォームして6年くらいですが、随分と古ぼけてくるものですね。



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA