次世代折りたたみ式電動アシスト自転車「G-force G14」

回生ブレーキ搭載!?

「G-force G14」」紹介HP

動画で確認!

う凄すぎます。完璧じゃないですか!


スポンサーリンク

Amazon プライムビデオ

っさんが注目したのは、何と言っても回生システムです。

でこそありますが、初期の電動自転車には、全く搭載されていませんでしたよね。なんで搭載しないんだろうって、ずっと疑問に思っていました。

回ご紹介の「G-force G14」は、走りながら自動的にバッテリーを充電出来ます。

G-force社で自ら開発したG-driveエネルギー回収システムを搭載していて、例えば下り坂を走る際に、運動エネルギーを自動的に回収し、電気エネルギーに変換し、電気機エネルギーをバッテリーに充電することができます。

た普通に走る際も、ペダルを踏む力の一部をエネルギーとして回収できます。


スポンサーリンク

ちろん、踏む時に重さは感じません。

らにブレーキをかける時もエネルギーを回収できます。(似たようなシステムは車でも採用されており、回生ブレーキと呼ばれているのは、周知ですよね。)

のシステムを使うことによって、電動サポートが150km使えるんですって。

とすると二週間から三週間充電が必要ないかも知れませんね。凄すぎる。

かも、シャフトドライブですよ! 格好いいし、折りたたんだ際、チェーンのオイルで周囲を汚すこともありません。


スポンサーリンク

れに、チェーンが外れたり錆が出たリなどのトラブルが起こりにくいのが良いです。

らにさらに、驚く事なかれ、前後に電子制御アンチロックブレーキシステム(E-ABS)搭載しています。

全に素早く停車できる安心感って大きいですよね。

にも
・折りたたみ式で、車内に入れて持ち運び可能。
・バッテリーを車体フレームに内蔵し、スマートかつ安全。取り出しても車載のままでも充電可能。
・エアサスペンション付きで乗り心地抜群。これも嬉しいです。
・原付免許不要!アシスト速度24km/h制御で日本の公道を自転車として走行可能。アレ? 20km以上のアシストは良くなったんですね。
・前後にライト付きで。後ろに、反射板でなくテールランプが備わっているんです。
とまあ、良いことづくめ!

すがに、御値段が定価20万弱とお高いですが、折りたたみが必要な方にとっては、これ以上の物は、望むべくもないような気がします。



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA